懐古癖
2015/04/28/(Tue)
* 嫌なもの
かおりさんだったか、かおるさんだったか一瞬考えこんでしまう。そんな僕が、偉そうにお説教するのはまったくの噴飯モノだ。つまり、こんな処でブツブツつぶやいていても何も変わらないことを知っているからこそ無責任に書けるのだろう。僕はいつだってサイテーな人間だから。
正直誰かに伝えたいものがある訳ではない。自分自身の気持ちを確かめるために書いている。

彼を責めるつもりはない、男と女というか人間同士の関係には余人の知ることのできぬものがある、という認識はもっているつもりだから。
ただ、生きることとは………本当につまらないことなのだと思う。つまらぬものに一喜一憂し、つまらぬものに執着する。なにか、正視に耐えないものを見てしまったような憂鬱な気分で文章を読む。そうまでして望む「人生の成功」のリアリティのなさと空虚な言葉の羅列。あぁめんどくせーなぁ………要はそれが感想なのだ。生きることとは本当に面倒な仕儀だと、こんなことを思う僕にも家族がいる。そんな家族には申し訳ない。彼女たちのせいではないのに。僕自身が全ての元凶なのだ。彼女たちには幸せになってほしいと願いながら、そんなものは永遠に続く訳がないと密かに囁く内なる声こそが、僕の本質なのだ。

きっと結論はない。結論が見いだせれば、人生は斯くの如く欺瞞的である訳がないのだから。

LOG 200012 
200710 11 12 
200801 02 
200903 11 
201301 
201504 
201605 
201906 09 
最新の日記へ / タイトル一覧 / 検索 / Mail